忍者ブログ
Admin*Write*Comment
人生自分満足可其充分
[791]  [787]  [782]  [774]  [764]  [763]  [760]  [759]  [758]  [713]  [615
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ナイフを心臓に突き刺した。
 呪いが解けたから。
 意外と、痛くて。刃は冷たいのに、身体に入った瞬間、とても熱くて。思わず目を見開いた。涙がボロボロ出てくる。痛すぎて、痛すぎて。

 痛い。

 やっぱり銃弾にすれば良かっただろうか。けれど、銃は、一瞬な気がしてなんだか嫌だった。
 自分が放った銃弾を受けた人間は、眠るように死ぬ。倒れこんで、ちょっとだけ身体をビクビクさせて、目を開いたまま、一瞬にしてどこかに行ってしまう。眠るようだと、僕は比喩する。だから、そんなのじゃ、罰にならない気がした。
 もっと苦しまなければならない。父を殺したときと同じ方法で。僕も、俺も、同じように。目には目を、刃には刃を、だ。

 父さんはさぞかし苦しかったろう。子供の力だ、自分のように的確に急所を狙ったわけでもない。きっと、今感じている痛みよりも、痛かったろう。辛かったろう。殺すにしても、もっと優しく殺してあげられれば。せめて、そうしてあげられれば。あれ、違うな。違う。殺すことに優しいも優しくないもない。殺すということが罪なのに。自分はどこかおかしくなってしまったんだろうか。今までこんなこと、考えたこともなかった。
 死ぬ直前だからかな。だから、父さんがあの時どう思ったか、考えてしまうのかな。それにしたって、今までそれを考えなかったのは、ちょっと変だったかな。今更だけど。

 天井が遠い。目が見えなくなる。ああ、ユフィもこんな感じだったのか。本当に、真っ暗だ。何も見えない。寒い。
 ユフィの手も冷たかった。きっと寒かったんだろう。だからあの時彼女は手を伸ばしたのだろうか。僕はちゃんと彼女の手を温めてあげられただろうか。緊張で手が冷たくなっていなかったと思いたい。
 彼女の昇る場所はきっと暖かいところだと思うから、僕はあまり心配はしていないのだけれど。
 ただ、残念なのは、僕はきっと君と同じ場所には行けないってこと。君に一度でいいから会いたかった。会って、抱き締めて、感謝の気持ちを伝えたいのに。
 死んでもできないんだなぁと思うと、涙が出る。

 ああ、もう泣いてたんだった。

 全身の感覚がなくなっていく。もう何も聴こえない、見えない、動けない。冷たい。寒い。

 いつの間にか、痛みもなくなっていた。僕の死がこんなに安らかでいいのかな。

 これは罰なのに。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 最新CM
  • 最新記事
  • プロフィール
HN:
まつや
性別:
女性
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • カウンター
  • 手ブロ
Copyright © 人生自分満足可其充分 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]