忍者ブログ
Admin*Write*Comment
人生自分満足可其充分
[1102]  [1092]  [1085]  [944]  [943]  [911]  [909]  [904]  [897]  [895]  [890
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 憎悪で燃えている碧色が、真っ直ぐに赤銅色へと暴力を叩きつける。
 なぜ。どうして。敵じゃなかったのに。どうして殺したんだ。

 どうして。


 「どうしてなの、ソラン」


 父さん。母さん。
 ああ、どうして。俺はあの時貴方たちを殺してしまったのか。
 母さん。
 今ではもう貴方の怯える顔しか思い出せない。貴方を「母さん」と呼んでいた記憶すらもう霞んでしまっている。
 それなのに、思い出すのは貴方の怯える顔だけなんだ。貴方たちを犠牲にして参加したはずの「聖戦」の記憶は、まるで記録のようにしか残っていない。それはあの時俺がただ機械のように戦っていたからだろうか。
 どうして、俺は貴方を殺してしまって、貴方の笑顔が思い出せないんだろう。


 「……アニュー…ッ」

 奪われた痛み。理不尽な死。遺された者の悲しみ。四年前、漸く実感できたものだ。
 胸が張り裂けるほど痛かった。それを今、目の前の男も感じている。家族を失ったときも、そうだったのだろう。
 その痛みは俺には理解できても、おそらくは共感とは程遠い、とても崇高な感情なように思える。
 後にも先にも、俺がその感情を実感したのは、ロックオンという存在を喪ったときだけだからだ。

 どうして、と尋ねる声に、俺はどう答えればいい。
 謝ればいいのか。「すまなかった」と。謝って、どうなる。死は覆されない。

 「どうしてなの…ッ?」
 あの時の母さんの問いかけに、俺は、銃弾で返してしまった。

 正しい答えを見つけたことなど。


 ライルの、生きる、未来を。


 ああ、そうか。
 そうだ。それだ。それが、答えだ。そうだな、ロックオン。
 あんたの願いを、俺は継ぐんだったな。

 「お前を喪うわけには、いかなかった」


 生きているなら、なんでもできるさ。
 親しみのある笑みを浮かべながら、あの男が言った気がした。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 最新CM
  • 最新記事
  • プロフィール
HN:
まつや
性別:
女性
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • カウンター
  • 手ブロ
Copyright © 人生自分満足可其充分 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]