忍者ブログ
Admin*Write*Comment
人生自分満足可其充分
[1137]  [1131]  [1102]  [1092]  [1085]  [944]  [943]  [911]  [909]  [904]  [897
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「刹那。大丈夫か」
 朦朧とする意識の中、自分がベッドの上にいることをを知った。視界が段々はっきりして、声のする方へ向く。そこには、少し心配そうな顔をしたティエリアがいた。
 「…ここ、は」
 酷く声がかれていた。そういえば、トレミーの電力は直っていたのか。見覚えのある天井は明るく、そこで漸くここが自分の部屋だと知った。
 「ロックオン、は」
 「彼は眠らせている。…刹那、何故抵抗しなかった。君にはその権利があった。彼には感謝されこそすれ、大人しくあのように殴られる理由はなかったはずだ」
 「…本気で言っているのか、お前は」
 少し俯き加減に、刹那は尋ねた。ティエリアはすぐには答えず、少ししてから、「いや、」と呟いた。
 「だが、君が気を失うまでとなると、話は別だ」
 「気を、失っていたのか」
 「君の体は本調子じゃない。自分の体に今何が起こっているのか、わかっているだろう」
 「…細胞代謝障害」
 そうだ、とティエリアは頷いた。本来なら、死んでいるはずの体。ラッセのように、ガンダムを操るなど到底無理なはずの体。なのに今自分は生きている。何故?と尋ねても答える者などいない。
 自分が死んでいたら、アニューは死ななかったんだろうか。途端見当違いなことをかんがえる。
 「……ティエリア」
 「なんだ」
 「俺は、破壊しか出来ない。四年前は、破壊で世界を変えようとした。でも今は違う。破壊で、守りたいものがある。変えたいものも、もちろん」
 「ああ」
 「ニールが言っていた。俺の代わりに変わってくれと。俺はその願いを、叶えたい」
 「ああ…」
 「守りたいものの中には、ロックオンもいる」
 「それは」
 どちらの、と言いかけて、ティエリアは黙り込んだ。刹那は気に留めず、話を続ける。
 「あいつの、願った、ライルの生きる未来。俺はその可能性を、ライルから奪ってしまった。ライルの大切なものを、また壊してしまった」
 「…刹那」
 「俺は、また…」
 泣き出すかと思った。けれど、刹那は泣かずに、ただ下を向くだけだ。もう、涙すら忘れてしまったんじゃないかと思うくらい、ティエリアは刹那のそれを見ていない。代わりに、笑顔をよく見るようになった。他人からはわかりにくいかもしれないが、刹那にとってそれは確かに笑顔だ。だが、泣きそうな表情は、彼、ニールが死んでからは殆どない。悲しいことがあると、刹那の表情はうつろになるだけだ。それが彼が変わった結果なのかは、計りかねるが。
 「刹那。お前の判断は正しかったといえる」
 「………」
 「もし僕が、不本意だが、同じことになっても、お前はそうしてくれると信じている」
 「ティエリア、それは」
 「ありえないこともない。奴が言っていた同タイプのイノベイター。僕も、僕と同じ顔をした奴に会ったことがある」
 「……お前は、裏切らない。ティエリア・アーデである限り」
 「ああ、もちろんだ。だから刹那、あまり背負い込もうとするな。奪った命に責任を持つなとは言わない。だが、あれは」
 誰かがやらなければならないことだったんだ。

 

(書置きより)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • ABOUT
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 最新CM
  • 最新記事
  • プロフィール
HN:
まつや
性別:
女性
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • カウンター
  • 手ブロ
Copyright © 人生自分満足可其充分 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]