忍者ブログ
Admin*Write*Comment
人生自分満足可其充分
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「自虐的なのね」
 まだエリア11がブリタニアに占領されて間もない頃、引き取ってくれた気のいい女性は包丁で何度も指を切るスザクにぽつりと漏らしたのは今でも頭に鮮明に残っている。その後、彼女は先程言った言葉に合わないサバサバとした笑みを浮かべて、スザクの亜麻色の髪をぐしゃぐしゃに掻き回した。ドン臭いわね、学習能力はどこにいったの?と今度こそスザクを馬鹿にした。最初に言った台詞など元からなかったかのように振る舞い、どこからともなく絆創膏を取り出し、自分で貼ってやらずに押し付ける。そこが、彼女らしいといえば彼女らしかった。
 やがて彼女は本国へ帰ることになった。着いてきなさいよ、と強引に手を引かれたが、スザクは頑なに断った。ありがたい言葉だったが、まだこの国を諦めたくない、と言うと、お前猫みたいだねと笑われた。人の好意を無駄にするなんて、と怒られるかと思ったのに、頑張んなさい、と頬を抓られ、キャリーバッグを手に彼女はシャトルの搭乗口へ向かった。遠ざかっていく距離。
 当時スザクは、名誉ブリタニア人であれど携帯電話を持つことは許されていなかった。国内ならまだしも、国外の手紙は検閲に必ず引っかかる。スザクと彼女の繋がりは、空港にて、絶たれた。

 ただひとつだけ。彼女は自身の名前をスザクに残した。


 「ああ、その人なら知ってるぞ。ていうか、スザクからその名前が挙がるとは吃驚だ」
 「なんで?」
 ペンドラゴン宮殿のラウンズ専用区画に与えられた談話室。一人用のソファにそれぞれ座っているのは、ナイトオブスリー、ジノ・ヴァインベルグとナイトオブセブン、枢木スザクだ。ジノは尋ね返してきたスザクに「うわあ」と呆れたような声を出し、あまりお行儀が良いとはいえないが、開かれた窓辺に座り携帯電話を弄っているアーニャへ視線を移した。
 「なんでって…だとよーアーニャ」
 「…私でも知ってるのに」
 「知らない人がいないの方が珍しい。スザク、今までその人探そうとかしなかったのか?」
 きっとロイド伯爵だって知ってるぞ、と頬杖をするジノに、スザクはしれっと「今思い出したんだ」と答えた。
 元々探す気などなかった。そんな言い方だ。
 「ログリエ家。ブリタニア帝国貴族の名門中の名門」
 「私の家も随分懇意にさせて頂いている。ただ、父上が言うには現当主はロイド伯爵とは違った意味で変わり者のようだ。豪傑、というか…ノネットに近い」
 「ああ、そう」
 せっかく二人が与える情報も、特に興味がなさそうにスザクは聞き流した。その反応が反感を買ったのか、ジノはますます呆れたような顔をし、果てにはため息をついた。その瞬間、アーニャの携帯電話のシャッター音が鳴り響く。
 「アーニャ!」
 「ありがとうジノ。保存しておく」
 言うが早いか、アーニャはまた携帯電話に興味を移した。ああなったら彼女に何を言っても無駄だというのは承知しているため、ジノは諦めてソファに深く背を沈める。
 「どうせならもっとかっこいいの撮らせてやるのに。…んで、スザク」
 「なんだい」
 「お前、なんでログリエ家なんていきなり言い出したんだ?しかも貴族だって知らなかったっていうわけでもないんだろう」
 「雰囲気でわかるんだよ。それにあの人と交流を断ったのだってもう四年も前の話」
 ナンバーズ上がりの自分が今更連絡を取り合っても、相手の迷惑にしかならないだろう。だから元々探す気などはなかった。過去に庇護を受けたことや、あの頃まだ不安定だったエリア11の情勢の中、拾ってくれた彼女には感謝してもしきれない。改めてお礼を言いたい、という気持ちはないわけではないが、それはもう出来ないんだと空港で彼女の背中を見送ったあの時に割り切った。それに貴族というならば、八年前とはいえナンバーズを匿った事実など態々蒸し返すことは却って相手を不利にさせかねない。今自分がナイトオブラウンズという地位に立っていたとしても、だ。
 「明日ヴァインベルグ本邸で夜会があるけど、来るか?」
 「は?」
 ジノの突然も申し出に、スザクは無意識に鬱陶しそうな顔で返した。しかしジノは気にせず、にこやかな笑顔を浮かべて続ける。
 「丁度誘われててさ。私は元々行くつもりはなかったんだが、スザクが行くなら私も行くよ。アーニャも行くだろ?」
 「ちょっと待て。今の話の流れからどうして君の家の夜会の話題になるんだ」
 「ログリエ当主も出席するぞ。丁度良いじゃないか」
 「…あのな、ジノ」
 「私は行かなければならない。ジノ、写真いっぱい撮っていい?」
 「いいぞー。けどあんまり他のお客様に迷惑かけるなよ、あとが煩いから。じゃあスザクも来るよな」
 「そこでなんで順接なんだ。おい、ジノ!」
 ソファから立ち上がり、携帯電話を開きだしたジノのそれを手で押さえる。見上げると、翡翠色の瞳は怒りのせいか色濃く見える。しかし、その表情はジノにはただ戸惑いに揺れているようにしか見えなかった。
 もう遅い。
 「残念。スザク、これは任務だよ」
 「…なに?」
 「ベアトリスから伝令。ナイトオブシックス、セブンの両名は、明日催されるヴァインベルグ主催の夜会にナイトオブラウンズとして出席せよ」
 アーニャが淡々と事務報告する中、スザクの目の前のジノはにやにやと笑っている。それがますます気に入らなくて、スザクはアーニャの先にいるベアトリスの影を睨み付けた。
 「…何故。理由がわからない。大体、ヴァインベルグに関することならジノに…」
 「身内はダメ。今回の任務は、監視兼護衛指揮」
 単語のみを述べるアーニャに、スザクは唖然として押さえつけていたジノの携帯電話から手を放した。ジノのそれは開かれることなく、彼のポケットへと戻る。どうやらスザクをからかうためのブラフだったようだ。
 「僕は聞いてないんだけど」
 「スザクがEU戦線から帰ってきたのは一昨日。昨日は休暇。代表して私がベアトリスから渡された。詳細はこの書類。明日の夜までに建物の配置図を暗記して」
 窓辺からとん、と飛び降り、スザクの方へ歩み寄り先程までテーブルに放置されていた書類を手渡す。納得いかない、という顔をして、スザクは渋々それを受け取った。横でジノはまだ笑っている。対してアーニャは無表情だ。
 「偶然ってあるもんだなあ」
 こんなからかいの言葉を発するなんて今この部屋で一人しかいない。
 スザクは目に通しかけていた書類で、その頭を叩いてやった。


 
-----------------------------
なぜか続く。

PR
 捕虜に自白剤代わりにリフレインを使おうとした、なんてのは、すぐにジノにばれていた。怒られるとか、軽蔑されるとかは元々考えていなかったのもあったが、彼が、「うん、そうか」と言って年上であるはずの僕の頭を撫でたときは拍子抜けした。その後に何かあるのかと思ったが、彼は何もしなかった。罵ることも、殴ることも。
 最低な奴だとは思わないのか、と尋ねかけて、一体自分はジノに何を求めているんだ、と叱責した。何か言いたげな僕に気づいたのか、頭を撫でる手を止め、
 「お前、もしかして間違ったことした、とか思ってるのか?」
 ジノは少し目を見張りながらそう言った。僕は彼のその丸い瞳に釘付けになって、頷くことも声を出すことも出来ない。
 「軍人として、お前は正しいことをしたよ。捕虜相手に容赦なんてしてられないだろう、例え相手が女でも、敵テロリストの幹部なんだし情報収集は基本中の基本。人として最低なことをしたって思うなら、それはそれでいい。でも、俺たちは職業軍人なんだよ、スザク。生半可な人の気持ちなんて捨てるべきだ」
 ジノはまっすぐに僕の目を見て言った。彼は僕より一つ年下だが、自分よりもこの世界に長く住んでいる。だからこそ説得力があり、そして、僕が欲しい言葉を見事に言い当ててみせた。そういうつもりでなくとも、ああ救われてしまいそうだ、と少し挫けてしまいそうになる。
 けれど確か、風の噂によれば、彼は捕虜に手を出そうとしたブラッドリー卿を窘めたのではなかったか。
 「ま、総督の眼前で態々血を見せることもないだろうと思っただけだ。それに、ラウンズの名誉と沽券にも関わる。抵抗出来ない捕虜を嬲ったって、黒の騎士団にとっては体の良いスクープになるだけだろう」
 尤もだ。でもそれだと、今僕に言った言葉と矛盾することになる。
 「スザクは生真面目だなぁ。俺は抵抗出来ない捕虜を嬲ったって、って言ったんだぞ?」
 にやりと笑いながら、ジノは未だ少し傷が残る僕の頬に長い指を伸ばした。そこはもう触れても痛くはない。だが、ジノの言葉の真意に気づいて、僕は「言葉遊びだ」と少し非難を込めた。すると今まで何かしら表情があったジノの顔が、ごっそり感情が抜けたように、否、戦闘に没頭しているときのようなそれを浮かべた。
 「構いやしない。抵抗するどころか、本来腕を動かすことすら許されないはずの捕虜からの暴力を無抵抗に受け続けたお前が極端にお人よしなだけさ。お前が独房から出てきたとき、息が止まるかと思った。今回は殴られただけで良かったものの、もしかしたらお前、殺されてたかもしれないんだぞ」
 まぁ、簡単に殺されてやるようなお前でもないだろうけど、とジノはため息をつきながら両手を僕の両肩に置いて項垂れた。僕だってそんなつもりはない。
 「しかも大人しく殴られた理由が、リフレイン使おうとしたのを謝罪するためだって?お人よしっていうか、そこまでいくとただの馬鹿かマゾだぞ」
 アーニャにも言われたよ。
 「そりゃそうだろうさ。…ったく、ナイトオブセブンを名乗るなら自分の立場はしっかり心得ろ。私たちとあの捕虜が平等な権利を持っているなどありえない。無論私たちは支配する側の立場だ。わかるな?」
 ああ…わかってる。
 「同じイレブンだからとか関係ない。そんな下らない同属意識ならさっさと捨てろ。…お前はもう、ブリタニア側の人間だ」
 同属意識なんかないよ。…ただ僕は、最低なことをした自分が許せなかっただけだ。
 ジノは顔を顰めた。両肩から、彼の大きな手が離れていく。
 「ならさっさと、あの捕虜の両腕でも両足でも鎖で繋ぐんだな。…口だけじゃなく行動で示せ、ナイトオブセブン」
 そう言い捨てると、ジノは僕の前を過ぎ去った。彼は僕の答えを聞かなかった。多分、聞いたって無駄なことは知っているんだろう。
 最後に見たジノの顔が、泣きそうに歪められたのはきっと気のせいだと思って僕は会議室の扉を開けた。
 「あなたも、お兄様と同じなのですね」
 「…ナナリー殿」
 「やめてくださいスザクさん。わたしは、わたしはもう何も知らなかったわたしではありません」
 強い言葉と共に、ナナリーはスザクの手に彼女らしくない強引さで手を伸ばした。だが、スザクはその手を握り返そうとはしない。ナナリーの眉は潜められ、彼女は小さな口をわなわなと震わせた。
 「教えてください。スザクさん。あなたとお兄様は、一体何を隠しているのですか」
 「それはご命令ですか」
 「いいえ、お願いです」
 「…ならば僕は、答えられない」
 伸ばされた小さな手が、拒絶に怯えたように落ちた。しかし、ナナリーの表情は強い決心に満ちている。スザクはいつか自分が慕っていた人を思い出して、眩しそうに目を細めた。後ろめたさなど、彼女が総督に就任する前から抱いているため、スザクにとって新しい動揺はなかった。ただこの場で、今この時に、彼女に真実を話すべきではない。
 エリア11が衛星エリアに確定されるまではもう秒読みだ。そんな中、ナナリーを失っては、そのプランは一瞬にして瓦解してしまう。それだけは、避けたい。いいや、それはただの言い訳にすぎないことをスザクは知っていた。手袋を取った右手が、強く拳を作る。
 「わたしの頼みでも、ですか」
 「ああ」
 「…何故わたしからお兄様を隠そうとなさるのですか。それは、一年前の」
 「ナナリー殿下!」
 スザクが大きく声を荒げる。ナナリーの小さな肩は、今まで向けられたことのない大きな激情に硬直した。目の前にいる男が、人間が、嘗て自分の手を優しく包んでくれた人とは到底思えなかった。
 今度は声を控えめにして、スザクは言う。
 「自分は今でこそ総督補佐を勤めている身ではありますが、自分はナイトオブセブン、皇帝陛下の剣」
 立場に逃げている、とスザクは心の底で自分を嗤った。
 「そして、貴女様はエリア11総督閣下。…ナイトオブセブンである自分の任務を、閣下に明かす義務はありません」
 最低だ。スザクはエリア11、行政特区日本のために、本人の事情も意思も関係なく骨の髄までナナリーを利用しようとしている。今ここでルルーシュのことを話してなんのメリットがある。彼女に疑念が生まれ、またそれを契機としてゼロが攻めてくるとも限らない。隠していたところで、疑念は積もるばかりだろうが、真実を話せば、彼女を本国に強制送還しなければならない。それだけは、それだけは。
 「スザクさ…」
 「お話はもう宜しいですね。自分はこれで失礼致します」
 ではまた、午後の会議で。
 スザクは振り向かず、総督執務室を後にした。
 ナナリーが後ろで泣いていたことには、気付かない振りをして。

------------------------------------------------------------------
スザクさんは絶対本当のことは話さないと思う。
エリア11のために、ユフィの夢のために今の彼があるんだから。
 「命ほど、重いものはない」

 ルルーシュはぽつりと呟いた。アーカーシャの剣の中心で、ブリタニア皇帝シャルル・ジ・ブリタニアの身体に火を点けながら。
 僕はぼう…とそれを見ていた。彼の隣には此方を怯えて彼にしがみ付いてる、かつてC.C.と呼ばれた少女。もう僕は彼女を追い詰める理由はなかった。それを命じたシャルル・ジ・ブリタニアは死んでしまったし、何より、記憶も力もなくなった彼女を責めても何も残らない。意味も、ない。

 ルルーシュの右手には、コード―確かシャルル・ジ・ブリタニアがそう呼んでいた―があった。それはどうやら、不老不死の呪いの証らしい。だからルルーシュはもう自分は死なないし老いることもない、と言った。
 そして僕の額にも、同じものが。シャルル・ジ・ブリタニアが僕に継承させた。理由は知らない。ただ、「あの女の子孫だから」と朦朧する意識の中で聞いたのは覚えている。

 「…スザク。お前、どうするんだ」
 「…何が」
 「これから、だ」
 「まさかお前から未来について問い掛けられるとは思わなかった」

 僕は笑った。陰のない、屈託ない笑みで。その代わり、ルルーシュは笑わなかった。
 僕はすっ、と表情筋を使うのを止めて、ルルーシュの腕に縋り付いている彼女を見やる。

 「彼女にこのコードを返したいな」
 「それは俺が許さない」
 「…どうしてだい。僕はこんなもの欲しくなかった。それに君達はどうやらお互い支えあっているんだし、二人一緒に永遠にどこかで暮らせばいい」
 「だめだ。もうこいつを、そんな力に関わらせるつもりはない」

 そう言うと、ルルーシュは彼女を腕で庇うように抱きしめた。違和感がありすぎる目の前の光景に、僕は失笑する。

 「じゃあ、ナナリーに」
 「許さないと言っている!」

 賛同するかと思って提案したのに、一刀両断。紫色の彼の瞳は怒りに満ちていた。僕にはそれが理解できない。
 どうして反対するのか。君が永遠の命を持っているのなら、ナナリーもそれを持つことができたなら、きっと二人はずっと一緒にいられるだろう。それを彼は望んでいたはずだ。もっとも、もともとそれを叶えてやる気はなかったけれど。

 「ナナリーを一人で逝かせるのかい」
 「あいつは、巻き込みたくない」
 「ずるいなルルーシュ。そればっかりじゃないか。君は今までどれだけの人間をギアスに巻き込んだのか忘れたわけじゃないだろう」
 「だからこそだ!」
 「でも僕は、この力は要らない。お前の願いを聞く義務もないな」
 「貴様…!」

 ルルーシュが銃を取り出し、僕に向ける。おかしな奴だ、殺したって死なないのはわかっているくせに。
 僕はおかしくておかしくて仕方なくて、意味もなく涙を流した。

--------------------------------------------------------
シャルルたんからスザクさんへのコード継承手順。
シャルルは元々スザクさんにC.C.から手に入れたコードを継承させるつもりでいたところに、ルルーシュが現れ、V.V.とC.C.のコード両方取られそうになったところを余力でスザクさんに継承。
スザクさんが継承出来る理由はコード所持者の子孫or儀式のエラーの産物。
妄想乙ということです。
 「暑い…」

 買い物籠を片手に、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアは枢木神社に続く長い石階段を重い足取りで上っていた。毎回思うが、なぜこんな高い山の上に神社を建てたのだろう。麓に街があるのだし、そちらに建てればよかったのに。効率が悪い。敵襲されたときには周りの木々がカモフラージュになってくれるだろうが。暑さで見当はずれなことばかり考えている。意識が朦朧とする。視界は白くぼやけていた。
 う、と呻いて、ルルーシュはあえなく膝をついた。階段は日の焼けて鉄板のように熱い。どうにか持ちこたえて、日陰に入ろうとするが、上手く身体が動かない。このまま焼かれて枯れて死ぬのか、ナナリーを置いてけぼりになんてできないのに。自分の不甲斐なさで出たのは涙ではなく汗だった。

 「大丈夫かい」

 その時、突然自分に影が出来た。階段のど真ん中で空を仰いでいたのに、日を遮るものがそこにあるはずがなかった。
 声の方に緩慢な動きで見上げると、シャツにジーンズという、ラフな格好の男が立っていた。ルルーシュは警戒して、勢いよく起き上がるが、反動で頭がぐらぐらし吐きそうになる。

 「熱中症になりかけてるね。日陰に行こう」
 「さ、わるな…!」
 「わがまま言うなよ。死にたくないだろ」

 男はルルーシュの抵抗を物ともせず、横抱きに抱き上げた。買い物籠はいつの間にか男が回収して、ルルーシュは木陰の下に下ろされる。何かプライドがズタズタにされた気がしたが、今大声を張り上げる気分にはなれなかった。

 「水、持ってる?」、男はポケットからハンドタオルを取り出して尋ねた。ルルーシュはもう声を発することすら辛いのか、素直に買い物籠を指さした。

 「ミネラルウォーターか…ちょっと温いな。使うよ?」
 「…う…」

 男はミネラルウォーターの入ったペットボトルのキャップを開けると、ハンドタオルを塗らした。余った水は絞り、ルルーシュの額に乗せてやる。残った水はルルーシュに持たせ、飲ませた。少しずつで構わない、と言うと、間隔をあけてペットボトルに口をつける。顔色はまだ悪いが、少しはよくなったようだと、男は安堵のため息をついた。

 「今度からは帽子を被るんだよ、ルルーシュ。日本の夏を甘く見てはいけない」
 「…あなたは…枢木の人か…?それとも、桐原の…?」

 顔を確認しようにも、日の逆光で見えない。ルルーシュが目を細めながら息絶え絶えに尋ねると男は少し困ったように肩を竦めて見せた。

 「近からず遠からず、だね」
 「…名前…」
 「ルルーシュ。今は無理はしない方がいい。その内、君の友達が探しに来るだろうし」
 「ともだち…」
 「うん。きっとね」

 男は微笑んだ。影になっていてほとんど見えなかったが、その笑い方はどこか、よく知っている気がして、ルルーシュは手を伸ばした。男の顔に伸びる前に、男の手がそれをやんわりと受け止めて、小さな手を少年の膝に戻してしまう。
 その代わり、男の大きな手がルルーシュの両目を塞いだ。

 「おやすみ、ルルーシュ」

 男のその声が、切ないくらいに優しくて、ルルーシュは涙で溢れそうな目を閉じた。


 やがて、少年が寝入ったのを確認した男は立ち上がった。
 日はすでに傾き始めている。そろそろ、“自分”がルルーシュがなかなか帰ってこないのを心配して探し回る頃だ。少年の顔色も段々よくなってきたし、もう自分がいなくたって大丈夫だろう。
 枢木スザクは小さな“友達”を見て、微笑んだ。着ていた服は、いつの間にか黒のインナーに白いスーツ、ナイトオブセブンのものになっていた。それはもうここには居られないという合図。

 ひとときのしあせな夢だった。

 「さよなら」

 スザクは石の階段を下りた。
 向かうのは、真っ赤に染まった大地だ。

 じーっじーっじーっ。
 エリア11の夏は五月蝿く、じめじめしていて、とにかく不快だとジノは思う。いつもなら冷房の効いた室内に閉じ篭って執務をしているところだが、あいにく今日は非番。しかも偶然にも総督補佐と同じ日に被ったことは嬉しい限りだが、本日は今夏記録的猛暑。流石に外に出る気力はなかった。
 だから政庁の中に与えられたプライベートルームで涼もうとしていたのだが、枢木スザクがやってくるなり窓を全開、エアコンオフ。暑過ぎて頭がやられていたのか、その一連の動作をぼーっと見ていたジノは抗議の声すら上げなかった。

 「なぁ、スザク」
 「ん?」
 「エリア11は暑いな」
 「そうだね」
 「…なんでエアコン消したんだ」
 「省エネ」

 平然と言ってのける本日非番の総督補佐に、さすがのジノも口端が引きつるというものだ。
 エアコンのリモートコントローラーはベッドに寝転ぶスザクがホールドしている。力ずくでそれを取り上げてやってもよかったが、そうさせる気力がわかない。それもこれもこのじめじめとした暑さのせいだ忌々しい、ああ忌々しい。

 「スーザークー、エアコン点けよーぜー」
 「頭がいかれたのかい。もれなく地球の敵になる気だねジノ。僕は容赦しないよ」

 スザクの言葉が支離滅裂で、ジノはへら、と笑った。
 ベッドの端に座っていたのを、ジノはぼすん、とうつ伏せで枕に顔を押し当てているスザクの方へ倒れこむ。枕と髪から覗ける肌は、心なしかいつもより白い。

 「そういうお前の方が頭いかれてると思うぞ。おい、顔色悪いじゃん」
 「五月蝿いな寝かせてくれ」

 枕と仲良ししていたスザクは寝不足で少し隈が出来た目でジノを睨み付けた。しかし、相手は怯むことなく、その頬へ手を伸ばす。

 「冷たいな。汗もかいてない。体調悪いのか?」
 「…クーラー病だ、気にするな」
 「クーラー病?」
 「…一時的な冷え性みたいなものだよ……僕は眠いんだ、ジノ」

 だからこれ以上構うな、とスザクはまた枕に顔を埋めた。背中からは疲労感がありありと伝わってくる。ジノは軽くため息をついて、だるい腕を働かせ、タオルケットをかけてやる。

 「俺も寝るぞースザク」

 返答はない。どうやらもう寝入ったようだ。
 ジノはまたため息をついて、茶色の髪を起こさない程度にわしゃわしゃと掻き混ぜた。ほんの悪戯心だ。
 このままじゃ寝顔が見れないな、とくだらないことを考えて、蝉の声から逃げるように目を閉じた。
 

ブルーです。精神的な意味で。
神キョン設定
世界が暗転した。
* * 前のページ
  • ABOUT
  • カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • 最新CM
  • 最新記事
  • プロフィール
HN:
まつや
性別:
女性
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • カウンター
  • 手ブロ
Copyright © 人生自分満足可其充分 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]